success-takeshiのブログ

最も気になる出来事(鹿児島市)

姪の家造りNO12 悪意?それとも善意?

10月1日更新のNO11で雨養生?今更と疑問を提示させて頂きました。悪意か善意か気になりましたが、姪の父親の話を聞き今日の現場を確認したら後の雨養生が善意とは考えられません。悪意か若しくは何らかの魂胆があったとの結論に至りました。
下のブルーシート#3000は姪の父親、旦那さん、私が最初に養生した時に買ってきた材料ですが、今更の10月1日にそのシートが現場にありました。一見して品質が違うと感じたのですが、なぜ今更?誰が考えても疑問に感じるでしょう。
台風24号が発生する以前に全ての材料はそのシートで養生していませんでした。
全く意味不明でしたが、その理由はもしかしたら下の写真が原因かもしれません。
 ①下の写真は#3000 この番号以上でないと完全な雨養生は出来ません。一般的には#1200や#2000を使用しているのが現状です。

 ②10月7日16:16撮影 隣地の建築主は今日が地鎮祭だった様です。その事を姪の父親から聞いて現場に行きました。白い建物は倉庫ですが、その手前に小さな山もりの土が見えます。朝はテントが張られパイプ椅子などもあったそうです。

 ③10月7日16:14撮影 ラップ状態(食べ物にラップをすると水滴が付着する)になります。長期間になる程その現象が現れます。雨を直接避けてもこの様な状態になります。
 柱を建てる部分ですが水滴が付着しているのが明らかです。
 太陽に照らされ水滴が蒸発したら、あたかも雨水の侵入を防ぎ水の心配は全くなかったと勘違いする建築主は多いでしょう。毎日の様に現場を見ないと誰も気付きません。
 張り替える程でないにしても完全に良い状態とは言えません。
この部分だけとは考えられませんのでネダレス全体に多少なりとも水滴が付着した事は明らかでしょう。

 ④10月7日16:14撮影 隣地の地鎮祭の後でブルーシートの養生は撤去されています。

 ⑤以前に投稿した台風24号の為に姪の父親と養生した写真

 これは姪の父親と私が雨養生をした現場ですが、一見して業者が養生したとは誰も思わないでしょう。隣地の建築主にこの風景を見せたくなかったのでしょう。

 ⑥10月1日に投稿した写真ですが、誰が見てもしっかり雨養生をしていると考えるでしょう。隣地の建築主には私たちが実施した実質な雨養生の⑤でなく形式ばかりの⑥の状態を見せたかっただと思います。
 下の形式的な養生は悪意か?善意か?

現時点の評価
 土地=90点
 建物=-70点

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。