success-takeshiのブログ

最も気になる出来事(鹿児島市)

姪の家造りNO13 更なる悪意?隠ぺい工作?

 明日10月9日は上棟予定です。
 ネダレスを敷いてから20日間も放置状態でした。
客観的に考えれば、ラップ現象は雨量の多少に関わらず20日間も雨が降り続いている状態で放置していたと言われても反論出来ないと感じます。
 下の写真は柱の部分にカッター跡が見えます。
 その部分だけ通気を良くして水滴を消滅させようとして建築主を欺こうとしているのでしょうか?
 その部分の水滴が消滅してもネダレスの水滴を消滅させる方法は一切取っていませんので全く意味のない行為です。
 どの様な解釈をしたら善意に解釈できるのでしょうか?棟梁に会った時に直接聞きます。
 この業者と棟梁のする事は全て疑って掛からなければならない心境になっています。
明日は午後から現場に行けるように手配をしていましたが、仕事が忙しくて行けそうにありません。
 明日は姪の旦那さんが休みで、下の2枚の写真を撮る様にメールを入れました。ブルーシートを敷いていた時より、1枚のシートだけでは朝夕の寒暖の変化でラップ現象がより顕著に表れるのでしょう!
昨日と変化どころか周囲のシートのシワが多い気がします。隠ぺい工作をしても水滴の量は全く変化が無い様です。
 10月8日16:35撮影

 10月8日16:36撮影 
建築条件付き売土地
 不動産業者は建築のノウハウを全く無くても良い土地さえ購入出来れば、消費者は請負契約を締結するしかありません。
 これ程、悪質と思われる行為をするとは夢にも思いませんでした。

 10月8日16:38撮影 玄関とリビングの一部ですが、シートのシワでネダレスが濡れた状態だと鮮明に確認出来ます。通常の雨養生ではネダレスは絶対に守れない事が確認できます。
 この様に悪質な隠ぺい工作を行う業者に建築を依頼しない事です。
隠ぺい工作も度を越しています。

 10月8日16:41撮影 土台を見れば濡れた状態である事が更にハッキリ確認できます。

  現時点の評価
 土地=90点
 建物-70点。本日-5点=-75点

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。