success-takeshiのブログ

最も気になる出来事(鹿児島市)

姪の家造りNO3 大事件発生

話を戻せば、妹から姪の家造りで相談され土地を探していましたが、建築は県内の大手建築業者で建てる予定でした。
 それを私が30年程前から知っている不動産会社の社長を紹介し、土地と建物の契約に至った経緯があります。
 当初9月21日に棟上げ予定の事であったが、天気予報は20日から1週間程ずっと雨マークだったので、19日の昼にその社長に電話を入れ「天気の都合で延期する事と現場に置いているネダレス(床の下に敷く集成材)をとりあえず建材店に持ち帰った方が良いと思う」電話連絡を入れました。
 「透明のシートとブルーシートで養生しているので大丈夫」と返事をもらいましたが、さらに養生が必要の可能性があると感じて仕事帰りに現場に寄りました。
 そこには全く信じられない光景を目の当たりにしました。
ネダレスなどの集成材は濡れる事は最悪で、床がブヨブヨになる可能性が非常に高い】
下の様な感じで養生されていた状況であったネダレスだったのが…。

 下の写真をご覧になっても状況が分からないと思いますが、寝耳に水状態の大事件発生後の対処をしている画像です。
  午後8時過ぎに撮影した写真です

現時点の評価
 土地=90点
 建物-50点




 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。