success-takeshiのブログ

最も気になる出来事(鹿児島市)

姪の家造りNO6 大事件発生その後 誠意ある建築業者

 9月22日23日の天気は晴れでホットしましたが、24日は午後から小雨が降っています。
 上棟予定が9月28日に延期になったそうですが、現在の予報では40%の確率で雨模様です。更に天気予報を確認すると台風24号が発生し27日午前9時には勢力も大きくなり沖縄の南海上を北上している様です。
 写真は同じ団地に新築中の現場です。孫の友達を迎えに行く途中で発見しました。この現場では木工事は始まっていますが、ネダレスを敷いていません。
 向かいに居住している方に聞いてみるとしばらくこの状態だととの事!
 2棟同時着工中で建売住宅だと思われます。
 雨が続くので、ネダレスが濡れるリスクを避けた事がこの現場では理解できます。
 シートで養生されたのは、柱だと思われます。
 養生にネダレスの材料があっても、写真で雨のリスクはどちらが高いか一目瞭然です。
 私は仕事柄、毎月7棟程の新築の建て方現場を見ていますが、建売住宅は多少の雨でも決行します。
 注文住宅の場合は中止か若しくは建築主の承諾を得て着工しているのが現実です。
 また、建て方の途中で雨が降り出した場合は建築主に継続していいかどうか確認する業者が多いのも事実です。
建築主が安心して頂く為の当然の事であり誠実な建築業者だと考えます。
 建築主と発注者の信頼関係が築かれると思います。
  近くの建売住宅と思われる現場 9月24日10:30撮影

 姪の注文住宅 9月24日12:06撮影 2日間快晴でしたがそれでも和室と玄関には雨水が溜まっているのが確認できます。
 これが建材店が運んだシートだけだと確実にネダレスに浸透しているでしょう。

現時点の評価
 土地=90点
 建物-60点

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。